ほとんどが注文建築だったので同じ家は全くありません.
考えてみると住む人それぞれに考え方、生活の仕方、家族構成等が違うため同じになるわけがないのです。
が、しかし、現実には大手のメーカーが同じようなモデルを何百棟も販売して わたしの考えとは違う方法が世間的には住宅を手に入れる一般的な方法になっている様です。

これは工務店などによる品質のばらつきがあったり、工期や工費の曖昧な部分等が建築主に嫌われより安心できる住宅メーカーに流れが変わっていきました。
この部分は私含め建築に携わる人間の反省すべき点だと思います。

ShareShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestPrint this pageEmail this to someone